放射能と甲状腺ガン

甲状腺ガンとは、甲状腺をつくっている細胞がガン化して悪性の腫瘍になったものの事をいいます。そして甲状腺とは、のどぼとけのすぐ下にある重さ10?20gくらいの小さな臓器の事をいいます。

 

甲状腺ガンには主に、乳頭ガン、濾胞ガン、髄様ガン、未分化ガンなどの種類があります。それぞれの特徴としましては、乳頭ガンは甲状腺ガン全体のおおよそ85%をしめ、比較的ゆっくり進行し、10代から高齢の方まで発症はしますが若い女性に多く見られます。

 

生命に関わる事は稀で、リンパ節の切除手術をすれば治療後の経過が良いとされています。

 

濾胞ガンは甲状腺ガン全体のおおよそ5%?10%と少なく、乳頭ガンよりやや高齢者に多い傾向があり、肺や骨へ移転しやすい性質があります。移転がなければ乳頭ガンと同じく、リンパ節の切除手術を行えば治療後の経過が良い事が多いのですが、移転した場合はあまり良くないとされています。

 

髄様ガンは甲状腺ガン全体のおおよそ1?2%と極めて少なく、乳頭ガンや濾胞ガンよりも進行が早く、肺や肝臓へ移転しやすいとされています。約2?3割程度遺伝性に起こるため、家族を含め検査を行うことがあります。リンパ節を切除する手術が行われます。

 

未分化ガンは髄様ガンより更に少なく、甲状腺ガン全体のおおよそ1%程で、進行が早く極めて悪性度の高いガンです。肺や骨への転移もしやすく、比較的男性に多く見られます。他のガン同様リンパ切除の手術はもちろん、放射線を当てる治療や薬による治療も行います。

 

甲状腺ガン治療の手術には、甲状腺の片方の部分を取り除く葉切除術と甲状腺の2/3以上を取り除く亜全摘術と甲状腺のすべてを取り除く全摘術があります。

 

また放射線治療には外照射と内照射があり、外照射は体の外から放射線を当てるもので、内照射は放射性ヨウ素を服用し、体の中から放射線を当てるものです。
ガンの種類や進行の程度により、治療方法が変わってきます。