放射能で魚は食べられない?

放射能で魚は食べられないのか?魚介類が好きな人にとっては切実な問題です。

 

原発事故から時間が経っていて、産地も気にせず食べている人はどんな被害があるのか気になる頃ですし、結果が少しづつ分かる頃だと感じている人も多いと思います。

 

また、当サイトには下記のような感想なども頂きます。

 

タイトル:お寿司が食べたい。

ときおり、生魚が無性に食べたくなります。しかし、海はどこまでもどこまでも繋がっていて、東電が垂れ流した汚染水は、次々と食物連鎖を繰り返し、私たちの口に少なからず入ってくる…そんな事を考えると、自分へもちろんの事、家族の口に入れる事はできません。私は海のある街で育ちました。毎日食卓の上には、魚や魚介が当たり前のように載っていました。今うちの食卓に載るのは、肉肉肉肉ばかり。あとは遠い国のお魚。それも放射能以外の心配を抱えたお魚です。私はお寿司が食べたい。思う存分、食べたいです。

 

結論から言えば、産地を気にしたり放射能汚染の測定を行えば食べれます。しかし、気にせず食べるのはもってのほかです。放射能以外にも海洋汚染で大型魚を中心に汚染されていますので、信頼できる魚を食べましょう。

 

やはりガイガーカウンターなどでの測定が大切になってきます。